【スポンサーリンク】

ウォリアーズ ディアンジェロ・ラッセルのトレードでオットー・ポーターを狙う?

ウォリアーズ ディアンジェロ・ラッセルのトレードでオットー・ポーターを狙う?

昨季まで無類の強さを誇ったゴールデンステイト・ウォリアーズは、ケビン・デュラントやアンドレ・イグダーラなど主力プレイヤーの放出にステフィン・カリーとクレイ・トンプソンの長期離脱が重なり、一転して厳しい状況に陥っている。

この状況が続くようであれば、ウォリアーズはロスターの調整に動くであろう。

その中で目玉となると思われるのが、オールスターガードのディアンジェロ・ラッセルだ。

ラッセルにはデュラントとのトレードでウォリアーズに移籍した直後からトレードの噂が浮上。

だが、フロントオフィスがラッセルのトレードの可能性を否定していた。

しかし、今季ここまでの成績を受け、再びトレードの噂が浮上したようだ。

republicworld.comによると、ウォリアーズはチームのパフォーマンスに改善が見られないと判断した場合、ラッセルをトレードで放出し、シカゴ・ブルズのオットー・ポーター獲得を狙う可能性があるという。

カリーとトンプソンが復帰した場合、ポジションの面で考えるとラッセルの起用法が難しくなる。

デュラントのポジションを埋めるのであれば、ポーターは悪くない選択なのかもしれない。

トレードに動くか否かは、期限までのウォリアーズの成績が鍵となりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA