【スポンサーリンク】

マイケル・ジョーダンのジャージーを盗んだ計画とは?

NBAレジェンドのマイケル・ジョーダンは1990年2月14日、名前が入っていない背番号12番のジャージーを着てオーランド・マジック戦に出場した。

ジョーダンの23番ジャージーがマジック戦のティップオフ数時間前に盗まれたため、仕方なく背番号12番ジャージーを着てプレイしたという。

マジックのチームオペレーション部門ディレクターのロドニー・パウエルは、ジョーダンの23番ジャージーが盗まれた事件を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「あれから数日後、彼らのひとりだったセキュリティがジャージーを盗む計画をセットアップしたことが分かった。他のロッカールームに侵入し、そこから屋根裏を伝って(ブルズのロッカールームに)たどり着き、ジャージーを盗み、屋根裏から戻っていったんだ」

犯行の動機は未だ明らかになっていないという。

23番ジャージーを盗むことでジョーダンのメンタルを乱し、マジックの勝利を助けるための犯行だったのだろうか?

だとしたら、計画は失敗だったと言えるだろう。

ジョーダンはマジック相手に49得点をあげたものの、試合はマジックが勝利した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA