【スポンサーリンク】

スパーズがケビン・ラブとコリン・セクストンのトレード獲得を狙う?

サンアントニオ・スパーズはグレッグ・ポポビッチがヘッドコーチに就任して以降プレイオフに進出し続けてきたが、今季でその記録はストップした。

スパーズはこれまでトラディッショナルなバスケットボールを展開してきたものの、近年のNBAではアウトサイドショットが重視されているということもあり、ロスターの再編成に動く可能性がある。

その一環として噂されているのが、クリーブランド・キャバリアーズのベテランフォワードと若手ポイントガードのトレード獲得だ。

fadeawayworld.netによると、スパーズが今年のドラフト上位指名権を獲得した場合、キャブスとのトレードでケビン・ラブとコリン・セクストンの獲得を狙う可能性があるという。

スパーズが2020年NBAドラフト1位指名権を獲得できる可能性はわずか2%であり、案の定上位指名権を獲得することはできなかった。(11位指名権獲得)

とはいえ、トレードの可能性が失われたわけではない。

スパーズはラブとセクストンのトレード獲得を狙い、ラマーカス・オルドリッジやデジョンテ・マリーといった主力クラスをトレード要員とすると噂されている。

また、デマー・デローザンがプレイヤーオプションを行使する、もしくは新たな契約を結ぶ場合、デローザンもトレード要員になる可能性がある模様。

今後両チームがどう動くか注目が集まるところだ。

なお、今季のラブとセクストンのスタッツは以下の通りとなっている。

ケビン・ラブコリン・セクストン
出場試合数5665
平均出場時間31.833.0
平均得点17.620.8
平均リバウンド9.83.1
平均アシスト3.23.0
平均スティール0.6.0
平均ターンオーバー2.52.4
FG成功率45.0%47.2%
3P成功率37.4%38.0%
フリースロー成功率85.4%84.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA