【スポンサーリンク】

カール・アンソニー・タウンズがライアン・サウンダース解雇を振り返り「ピザを食べているところだった」

カール・アンソニー・タウンズがライアン・サウンダース解雇を振り返り「ピザを食べているところだった」

現在NBAワーストの成績にとどまっているミネソタ・ティンバーウルブズは先日、ヘッドコーチのライアン・サウンダースを解雇した。

後任にはラプターズの元アシスタントコーチであるクリス・フィンチが就任。

ウルブズは新たな体制で進むこととなったが、カール・アンソニー・タウンズによると、サウンダースの解雇についてはニュースで知ったという。

タウンズはサウンダース解雇の報道を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

(サウンダースの解雇は)君たちが報じた時に知ったんだ。

父とピザを食べているところだった。

ニュースを見た時、僕たちはショックを受けたよ。

コーチ・フィンチの就任をすごく嬉しく思う。

だが、完璧には評価しない。

デイビッド・バンタープールは素晴らしいIQで素晴らしいことをやってくれる素晴らしいコーチだ。

僕はすごく誠実な男だ。

ここミネソタでキャリアを終えたい。

ここで偉大なことを成し遂げたい。

ミネソタでレガシーを築きたいんだ。

タウンズによると、バンタープールACは他の誰よりもヘッドコーチにふさわしい人材だが、フロントオフィスの決定を尊重するという。

今季のウルブズはタウンズとディアンジェロ・ラッセルの長期離脱の影響を受け、厳しい戦いを強いられている。

そのため、人手不足の中で指揮を執らなければならなかったサウンダースの解雇を疑問視する者もいるが、この決定が覆ることはない。

タウンズには新たな指揮官の下、ウルブズを引き上げる働きを期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA