【スポンサーリンク】

デイミアン・リラード「すべてが完璧にいくわけではない」

デイミアン・リラード「すべてが完璧にいくわけではない」

ポートランド・トレイルブレイザーズのNBAオールスター、デイミアン・リラードは、昨季のNBAプレイオフで敗退した後にチームに対する不満を漏らした。

これにより、リラードがトレードを要求するのではという噂が浮上。

だが、リラードは噂が広がるたびにそれを否定し、ブレイザーズへの忠誠を誓っている。

トレードの噂は今もくすぶっている中、リラードが改めて否定した模様。リラードのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

これだけははっきりさせておきたい。

逆境に陥るのを待っていたり、僕たちが苦しむのを待っていたりし、「これで終わりだ。僕は出ていく」となる状況ではない。

チャウンシー(・ビラップス)とは本当に良い関係を築いている。

彼がコーチになる前から関係を築いているんだ。

プレイオフでのパフォーマンスを受け、僕にとっては本物のチャンピオンシップチームになることが重要だった。

だが、すぐにそうなるわけではない。

すべてが完璧にいくわけではないんだ。

リラードによると、これからもブレイザーズの一員としてプレイし続け、ビラップスがヘッドコーチとして成功するのを見届けること、チームの成功の一部になることを望んでいるという。

ブレイザーズがNBAチャンピオンを狙えるチームにならない限り、リラードにはトレードの噂が付きまとうだろう。

だが、リラードはそのたびに否定し、ブレイザーズへの忠誠を誓うに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA