【スポンサーリンク】

ケビン・デュラント「僕たちには勝つ資格がなかった」

ケビン・デュラント「僕たちには勝つ資格がなかった」

NBAオールスターのケビン・デュラントとジェイムス・ハーデン擁するブルックリン・ネッツは、現地1日にロサンゼルス・クリッパーズに敗れた。

ネッツはNBAオールスターガードのカイリー・アービングとNBA屈指のシューターであるジョー・ハリスが不在だったものの、NBAの健康と安全プロトコルにより離脱していた主力選手たちは復帰。

一方のクリッパーズはNBAオールスターのカワイ・レナードとポール・ジョージ、さらにニコラス・バトゥーム、ルーク・ケナード、イビチャ・ズバッツ、アイザイア・ハーテンシュタインと多くの主力が不在だったため、ネッツの選手の中には「余裕で勝てる」と油断していた選手もいたのかもしれない。

NBAオールスターフォワードのケビン・デュラントは試合後、ネッツについて次のように指摘したという。fadeawayworld.netが伝えている。

コーチが言ったように、僕たちにはこのゲームに勝つ資格がなかった。

僕たちはひどい態度でここに来てしまった。

ただ勝つものとして来てしまったんだ。

この敗戦が明日まで脳裏に焼き付いていることを願っている。

それぞれが自分の仕事を理解し、その中でベストを尽くし、チームにもたらさなければならない。

すべてはチームのためだ。

だから、このようなゲームの後に悔しく思っていないなら、鏡で自分を見つめ直さなければならない。

これでネッツは2連敗。

ネッツが連敗を喫するのは今季初となる。

ネッツが次に対戦するのは、ジャ・モラント率いるメンフィス・グリズリーズ。

グリズリーズは現在4連勝中と勢いに乗っているNBAチームのひとつだが、ネッツはグリズリーズに勝利し、イースタン・カンファレンス首位のシカゴ・ブルズを追いたいところだ。

なお、この日のデュラントのスタッツは以下の通りとなっている。

クリッパーズ戦
出場時間38:56
得点28
リバウンド9
アシスト3
スティール0
ブロックショット1
ターンオーバー3
FG成功率45.8%
(11/24)
3P成功率33.3%
(2/6)
フリースロー成功率80.0%
(4/5)
+/-

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA