【スポンサーリンク】

ダリル・モレー「タイリース・マキシーとマティス・サイブル」

ダリル・モレー「タイリース・マキシーとマティス・サイブル」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズは先日のトレードでNBAスターのベン・シモンズ、NBA屈指のシューターであるセス・カリー、元NBAオールスターセンターのアンドレ・ドラモンドをブルックリン・ネッツに放出し、ジェイムス・ハーデンとポール・ミルサップを獲得した。

ネッツはトレード交渉の際にタイリース・マキシー、もしくはマティス・サイブルを要求したというが、シクサーズはそれを拒否。

シクサーズのバスケットボールオペレーション部門代表のダリル・モレーによると、マキシーとサイブルをキープしたうえでトレードを成立させることが重要だったという。

モレーはマキシーとサイブルについて次のようにコメント。ESPNが伝えている。

彼らをキープすることが重要だった。

タイリースは、間違いなくこのリーグでオールスターになれる可能性を秘めている。

サイブルは、簡単にディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーになれるだろう。

ジョエル(・エンビード)もそう言っている。

彼らはまだまだ成長する。

それが彼らをトレードに含めなかった大きな理由だ。

今季のマキシーはシモンズの不在を受け、ポイントガードのポジションで先発起用されている。

ハーデン復帰後の起用法が気になるところだが、シクサーズにとって重要な選手のひとりであるのは間違いないだろう。

一方、サイブルはNBAディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに値するディフェンスを見せており、マキシー同様シクサーズに欠かせないひとりになった。

シクサーズがエンビードとハーデンを中心としたチームであるのは間違いないが、NBAタイトル獲得の鍵を握るのはマキシーとサイブルの成長なのかもしれない。

なお、今季のマキシーとサイブルのスタッツは以下の通りとなっている。

T・マキシーM・サイブル
出場試合数5042
平均出場時間35.526.6
平均得点16.9
(キャリアハイ)
5.8
(キャリアハイ)
平均リバウンド3.6
(キャリアハイ)
2.3
(キャリアハイ)
平均アシスト4.6
(キャリアハイ)
1.2
(キャリアハイタイ)
平均スティール0.7
(キャリアハイ)
1.8
(キャリアハイ)
平均ブロックショット0.5
(キャリアハイ)
1.1
(キャリアハイタイ)
平均ターンオーバー1.20.6
FG成功率47.2%
(キャリアハイ)
49.2%
(キャリアハイ)
3P成功率39.5%
(キャリアハイ)
28.8%
(キャリアワースト)
フリースロー成功率86.3%
(キャリアワースト)
69.6%
(キャリアハイ)

【スポンサーリンク】

コメントを残す