【スポンサーリンク】

クリント・カペラがホークスのアプローチ方法を指摘

クリント・カペラがホークスのアプローチ方法を指摘

アトランタ・ホークスは昨季、2016-17シーズン以来となるNBAプレイオフ進出を果たした。

NBAオールスターポイントガードのトレイ・ヤング擁するホークスにはさらなる躍進が期待されているが、今季ここまで27勝30敗、イースタン・カンファレンス10位と十分な成績を残すことができていない。

NBA屈指のリムプロテクターであるクリント・カペラによると、ホークスが躍進できていないのは選手たちの試合に対するアプローチが適切ではないからだという。

カペラはホークスについて次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

僕たちはプレイオフに進出したとすでに考えてしまっている。

それが今季を通しての僕たちのアプローチだ。

次の試合のことを考えなければならないのに、そうしていない。

それに慣れていないのが、僕たちのチームの問題だ。

今の僕たちの苦戦に、僕は驚いていないよ。

全員のマインドセットが原因だと思う。

もしオフェンスのことを常に考えているなら、オフェンスの問題を常に考えるだろう。

もしディフェンシブマインドをもっと持っていれば、ディフェンスにもっとプライドを持つだろう。

僕たちのチームはオフェンシブマインドに偏っていると思う。

ディフェンスにプライドを持っている男が少ない。

だから難しい。

僕はディフェンシブマインドを持っている男だが、チームの問題だ。

チームとしてディフェンシブマインドを持たなければならない。

全員でやらなければならない。

そういうことさ。

ホークスは先月7連勝し、調子を取り戻したかのように思えた。

だが、その後は3勝5敗と、再びタフな時間を強いられている。

果たしてホークスはチームとしてディフェンシブマインドを高め、NBAプレイオフに向けてギアを上げることができるだろうか?

なお、カペラの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数49446
平均出場時間28.126.8
平均得点10.812.5
平均リバウンド12.110.6
平均アシスト1.4
(キャリアハイタイ)
1.0
平均スティール0.70.7
平均ブロックショット1.31.5
平均ターンオーバー0.61.2
FG成功率58.6%62.2%
フリースロー成功率46.6%52.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA