【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビール「ジョン・ウォールは今もブラザー」

ブラッドリー・ビール「ジョン・ウォールは今もブラザー」

ワシントン・ウィザーズは今から数年前、NBAオールスターのジョン・ウォールとブラッドリー・ビールを中心としたチームだった。

ウォールとビールのデュオはNBAトップクラスの危険なバックコートであり、それはウォールとビールも常に主張していたことだ。

だが、NBAプレイオフを勝ち進めないシーズンが続くと、ウォールとビールの関係が悪化したという噂が浮上。

最終的にはウォールが怪我で長期離脱を余儀なくされ、ウォールとビールのデュオは解散することになってしまったが、ビールによると、ウォールとの関係に一切問題はなく、今も良好な関係を続けているという。ビールのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

タフだった。

なぜなら、ジョンはブラザーだからね。

必要な時に彼に電話したら、いつも寄り添ってくれる。

逆も然りだ。

僕たちは互いを嫌っているとか、一緒にプレイしたくないとか、そういう見方をされるのが嫌だった。

当時の僕たちは若かった。

話し合えるほど大人ではなかったんだ。

ジョンと一緒にプレイするのが大好きだった。

僕が一緒にプレイしてきた中で最高のパサーはジョンだ。

僕は今もそう言っている。

彼は僕が一緒にプレイした中で最もスピードがある選手かもしれないね。

最も辛かったことのひとつは、彼が怪我をした時だ。

夏の間にいろいろあり、フロントオフィスは「OK、分かった。もう終わりだ」となってしまった。

僕の手に負えることではなかった。

当時の僕は「ジョンは準備ができた」と思ってトレーニングキャンプに参加したんだ。

その翌日、彼は去ってしまった。

すごく辛かったし、感情的になった。

なぜなら、彼は怪我から復帰できず、僕たちと一緒にプレイするチャンスすら得られることなく去ってしまったからね。

ウォールはスピードがあるだけでなく、多彩なスキルとプレイメイク能力を備えたNBAを代表するポイントガードのひとりだった。

だが、怪我がウォールのNBAキャリアを狂わせ、今に至っている。

しかし、ウォールとビールはそれぞれの道を歩み、NBAを引退した後はウィザーズの日々を懐かしく語り合うことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA