【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン「僕たちなら大丈夫」

ドレイモンド・グリーン「僕たちなら大丈夫」

現地2日に行われたボストン・セルティックスとゴールデンステイト・ウォリアーズのNBAファイナル第1戦は、アウェイのセルティックスが勝利した。

第3Q終了時点ではウォリアーズが12点リードしていたものの、セルティックスは17-0のランでウォリアーズを圧倒。

第4Qを40-16と大差で終え、逆転勝利を飾った。

だが、ドレイモンド・グリーンによると、試合の大半を支配したのはウォリアーズであり、ウォリアーズの選手たちがこの結果に落胆することはないという。グリーンのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

彼らは引き離されることなくついてきた。

終盤にショットを決めてきた。

僕たちなら大丈夫。

彼らの3ポイントを止める方法を見つけるだろう。

最初の41、42分間はほぼ僕たちが支配していたんだ。

彼らは3ポイントを21本決めた。

マーカス・スマート、アル・ホーフォード、デリック・ホワイトの3人で15本だ。

セルティックスの3ポイント21本は、少し出来過ぎかもしれない。

だが、セルティックスが勢いに乗っているNBAチームであることを証明する結果だったとも言えるだろう。

果たしてウォリアーズは第2戦までに解決策を見つけることができるだろうか?

なお、NBAファイナル第1戦のセルティックスとウォリアーズのスタッツは以下の通りとなっている。

セルティックスウォリアーズ
得点120108
リバウンド3939
アシスト3324
スティール78
ブロックショット66
ターンオーバー1214
FG成功率50.6%
(43/85)
44.3%
(39/88)
3P成功率51.2%
(21/41)
42.2%
(19/45)
フリースロー成功率81.3%
(13/16)
73.3%
(11/15)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA