【スポンサーリンク】

レイカーズとペイサーズのトレード交渉が破断?

レイカーズとペイサーズのトレード交渉が破断?

NBAタイトル奪還を目指すロサンゼルス・レイカーズは、インディアナ・ペイサーズのバディ・ヒールドとマイルズ・ターナーの獲得を狙っている。

だが、レイカーズが妥協しない限り、ヒールドとターナーをトレードで獲得できることはなさそうだ。

RealGMによると、レイカーズはヒールドとターナーを獲得するためにラッセル・ウェストブルックとNBAドラフト1巡目指名権1つをパッケージにしてオファーしたものの、ペイサーズはNBAドラフト1巡目指名権をもう1つ加えることを要求し、両チーム間のトレード交渉は破断したという。

レイカーズはNBAオールスターのレブロン・ジェイムスの後の世代についても考えており、貴重な資産であるNBAドラフト1巡目指名権2つのうち少なくとも1つはキープしたいところ。

だが、ブルックリン・ネッツとのトレード交渉と同じように、レイカーズがNBAドラフト1巡目指名権を2つとも諦めない限り、ウェストブルックと心中するしかないのかもしれない。

レイカーズはテイレン・ホートン・タッカーとケンドリック・ナンをトレードパッケージにすれば、ヒールドとターナーのどちらかを獲得できる可能性があるが、レイカーズにその意思はないと見られている。

なお、レイカーズは昨年夏にヒールドを獲得できるチャンスがあったものの、ヒールド獲得を断念し、ウェストブルック獲得に舵を切った。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA