【スポンサーリンク】

ドノバン・ミッチェルがラプターズに皮肉?「彼らは試合を通してファウルしていた」

ドノバン・ミッチェルがラプターズに皮肉?「彼らは試合を通してファウルしていた」

NBAオールスターのドノバン・ミッチェル、ダリアス・ガーランド、ジャレット・アレン擁するクリーブランド・キャバリアーズは現地23日にトロント・ラプターズに敗れ、連勝は5でストップした。

ラプターズではパスカル・シアカムとOG・アヌノビーが26得点、スコッティ・バーンズが25得点を記録した一方で、キャブスで20得点以上を挙げた選手はひとりもいなかった。

NBA屈指のスコアラーであるミッチェルもFG成功率25.0%(4/16)、3P成功率25.0%(3/12)のわずか12得点にとどまったわけだが、ミッチェルはファウルが適切にコールされていなかったと感じているのかもしれない。

ミッチェルはラプターズに敗れた後、次のように試合を振り返ったという。larrybrownsports.comが伝えている。

試合を通してファウルされた。

彼ら(ラプターズ)はその点において本当にうまくやったと思う。

彼らは試合を通してファウルすることができたし、レフェリーはコールしなかった。

彼らを称賛しなければならない。

彼らはフィジカルだ。

僕たちを一蹴したんだ。

ラプターズはフィジカルなディフェンスを展開することで知られている。

今季NBA7位となる平均110.8失点を記録しているのも、フィジカルなディフェンスの賜だろう。

つまり、ラプターズと対戦するチームは彼らのフィジカルゲームに耐え、ファウルがコールされないことを前提としてプレイすべきなのかもしれない。

なお、この日のミッチェル、ガーランド、アレンのスタッツは以下の通りとなっている。

D・ミッチェルD・ガーランドJ・アレン
出場時間353128
得点121711
リバウンド517
アシスト481
スティール311
ブロック000
TO350
FG成功率25.0%
(4/16)
46.2%
(6/13)
83.3%
(5/6)
3P成功率25.0%
(3/12)
40.0%
(2/5)
FT成功率25.0%
(1/4)
100%
(3/3)
50.0%
(1/2)
+/--12-12-2

【スポンサーリンク】

コメントを残す