【スポンサーリンク】

元NBA選手のトゥーレ・マリーが現役引退を発表

元NBA選手のトゥーレ・マリーが現役引退を発表

2013-14シーズンにニューヨーク・ニックスの一員としてNBAデビューを果たしたトゥーレ・マリーが、プロバスケットボール選手としてのキャリアを終えることを発表した模様。

hoopsrumors.comによると、現在32歳のマリーはバスケットボール選手としてキャリアを終え、大学もしくはプロチームのコーチに転身することを明かしたという。

ほろ苦い今日、僕はバスケットボールから引退することを発表する。

ボールがいつバウンドしなくなるかは誰にも分からない。

僕のボールは正式にバウンドしなくなった。

想像できないほど素晴らしい扉を開いてくれたゲームに感謝している。

マリーは2012年にGリーグでプロキャリアをスタートさせると、NBAではニックス、ユタ・ジャズ、ワシントン・ウィザーズでプレイ。

だが、NBAに定着することはできず、その後はGリーグ、トルコ、ドイツ、ギリシャ、ボスニア、イタリア、ポルトガル、スウェーデン、クウェート、ウクライナと世界のチームを渡り歩いた。

なお、マリーは先日、ウクライナから脱出した経緯を語っていた。

マリーのNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
所属ニューヨーク・ニックス
ユタ・ジャズ
ワシントン・ウィザーズ
出場試合数56
平均出場時間7.0
平均得点2.6
平均リバウンド0.8
平均アシスト0.9
平均スティール0.4
平均ターンオーバー0.7
FG成功率43.3%
3P成功率41.7%
フリースロー成功率61.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA