【スポンサーリンク】

カイリー・アービング「接種しない決断のために4年1億ドルを諦めた」

カイリー・アービング「接種しない決断のために4年1億ドルを諦めた」

ブルックリン・ネッツのNBAスター、カイリー・アービングは、この夏にプレイヤーオプションを破棄してFAになり、より大きな契約を結ぶと見られていた。

だが、ネッツはアービングの昨季の貢献度合いを踏まえ、アービングが要求する契約には応じなかったと見られている。

そのためアービングはオプションを行使し、来年夏に完全FAになることを決断したわけだが、アービングによると、接種を拒否していることが契約に影響したという。

アービングは自身について次のようにコメント。nypost.comが伝えている。

ここを去る寸前だった。

オプションはいくつかあった。

だが、それほど多くはなかった。

他のチームは僕がシーズンを通してプレイできないかもしれないと懸念していたんだ。

僕はワクチンを接種しない決断を下し、4年1億ドルを諦めた。

それが僕の決断だ。

この決断を下したことにより、仕事を失うという現実に対処しなければならなかったんだ。

アービングは接種を拒否したことにより、シーズンの大半を欠場。

その後ニューヨークが規制を緩和したことでネッツのホームアリーナでもプレイできるようになったが、ネッツの結果は皆が知る通りだ。

アービングにとって来季は次の契約に向けたシーズンともなるわけだが、果たしてコートで実績を残し、長期大型契約につなげることができるだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA