【スポンサーリンク】

ジョーダン・クラークソンが旧友ルディ・ゴベアに皮肉「僕ならあの2本は決める」

ジョーダン・クラークソンが旧友ルディ・ゴベアに皮肉「僕ならあの2本は決める」

この夏のトレードでNBAオールスターのルディ・ゴベアとドノバン・ミッチェルを放出したユタ・ジャズは、完全に再建期に入った。

だが、開幕戦でNBAオールスタービッグマンのニコラ・ヨキッチ擁するデンバー・ナゲッツを下すと、ゴベア擁するミネソタ・ティンバーウルブズにも勝利し、人々の予想を裏切って開幕2連勝を飾った。

ジャズの選手たちにとって、特にウルブズ戦は会心の勝利だったと言えるだろう。

試合最終盤にフリースローを獲得したゴベアに何やら声をかけていたジョーダン・クラークソンは試合後、ゴベアに向けて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

(ゴベアのフリースロー前に)ルディを少し罵らなければならなかったんだ。

ほんの少しね。

僕たちにはあれが必要だった。

ルディ、ありがとう。

ただ、僕ならあの2本を決めただろうね。

クラークソンの心理戦が効いたのか、ゴベアはタイスコアに戻すチャンスだったフリースローを2本ともミスしてしまい、その結果ジャズが勝利した。

試合の前に「ジャズの成功を祈っている」と古巣にエールを送ったゴベアにとって、屈辱的な結果になったに違いない。

なお、ゴベアのジャズ戦のスタッツは以下の通りとなっている。

UTA戦
出場時間37:48
得点9
リバウンド23
アシスト0
スティール1
ブロックショット2
ターンオーバー4
FG成功率40.0%
(4/10)
3P成功率
フリースロー成功率33.3%
(1/3)
+/--9

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA