【スポンサーリンク】

ケビン・デュラントが1勝5敗の成績に「選手個人の責任」

ケビン・デュラントが1勝5敗の成績に「選手個人の責任」

ブルックリン・ネッツは現地29日にインディアナ・ペイサーズに敗れ、今季の成績を1勝5敗とした。

ネッツはチームディフェンスだけでなく、指揮官のスティーブ・ナッシュHCの手腕にも疑問の目が向けられているというが、NBAオールスターフォワードのケビン・デュラントによると、選手たちが責任を持って取り組まなければならないという。

デュラントはネッツについて次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

個人の責任だ。

僕たちはそれぞれがプライドを持たなければならない。

コーチングは重要だし、ケミストリーやその他のすべても重要だ。

だが、結局のところ僕たちは個人なんだ。

だから個人としてもっと良くならなければならない。

それぞれがより深く掘り下げ、より良くなっていくしかないんだ。

ネッツがペイサーズに敗れた後、ナッシュHCは選手たちの意志と意欲の欠如を指摘した。

デュラントは個人の重要性を口にしたものの、やはりリーダーとしてチームをまとめ、闘争心をもたらしたいところだろう。

ネッツは現地31日にペイサーズと再戦する。

少なくともこの日は闘争心を押し出してプレイし、今後につなげたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA