【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン「僕たちがプレイインゲームに出場するなら第1シードと第2シードが気の毒」

ドレイモンド・グリーン「僕たちがプレイインゲームに出場するなら第1シードと第2シードが気の毒」

昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは、現時点で15勝18敗、ウェスタン・カンファレンス11位と厳しい状況に陥っている。

NBAオールスターフォワードのアンドリュー・ウィギンスは間もなく復帰できる見込みではあるものの、昨季ファイナルMVPのステフィン・カリーは長期離脱中であり、カリー不在の間は我慢の時間が続くだろう。

場合によってはプレイインゲームを勝ち抜いてのNBAプレイオフ進出を強いられる可能性も否定できないが、ドレイモンド・グリーンはまったく自信を失っていないようだ。

プレイインゲームに出場する可能性について質問されたグリーンは、次のように答えたという。fadeawayworld.netが伝えている。

第1シードもしくは第2シードがどのチームであれ、僕たちがプレイインゲームに出場するなら、彼らを気の毒に思う。

彼らにとって最悪の状況になるだろう。

このチームにはステフ・カリーがいるよね?

クレイ(・トンプソン)は?

僕は?

ウィギンスは?

(ケボン・)ルーニーは?

ジョーダン(・プール)は?

僕たちなら大丈夫だと思うよ。

グリーンが指摘した通り、他のチームは波に乗ったら止められないウォリアーズとの対戦は避けたいところだろう。

とはいえ、ウォリアーズはカリー復帰後にギアを上げ、ストレートでNBAプレイオフに進出するに違いない。

なお、ウォリアーズはロスターを補強するため、トロント・ラプターズのゲイリー・トレントJr、もしくはシカゴ・ブルズのアレックス・カルーソをトレードで獲得することを検討していると報じられている。

【スポンサーリンク】

コメントを残す