【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーンがスロースタートのウォリアーズについて「本当に苦しんでいる」

ドレイモンド・グリーンがスロースタートのウォリアーズについて「本当に苦しんでいる」

昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは、現在6勝8敗と厳しい戦いを強いられている。

ここ4試合で3勝を挙げるなど復調の兆しは見え始めているものの、現時点で勝率5割未満、かつウェスタン・カンファレンス12位という成績はネガティブサプライズと言えるだろう。

だが、ドレイモンド・グリーンによると、長期的な視点で見ると修正できる問題だという。

グリーンはウォリアーズについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

苦しんでいるのは本当だと思う。

僕たちの苦しみは無視できるようなものではない。

本当に苦しんでいる。

だが、修正できる。

簡単に修正できるとは言いたくない。

なぜなら、この職業において簡単にできると言うと嘘になるからね。

だが、修正できるものだ。

問題は、修正するのにどれくらい時間がかかるのかということだ。

気にし過ぎるようなことではない。

早いほうが良いが、僕たちが構築しようとしているものを構築するには時間がかかる。

僕たちはそれを理解している。

以前もこのような状況になったことがあった。

僕たちは苦しみ、修正するために取り組まなければならなかった。

だが、その時は勝ちながら学ぶことができた。

だからそれほど目立たなかったんだ。

今の僕たちは負けているから、その苦しみがより顕著になっているのさ。

ウォリアーズはベテランと若手のバランスがとれたチームだが、今季は若手たちが停滞している。

また、ステフィン・カリーの相棒クレイ・トンプソンも安定したパフォーマンスを見せることができていない。

それが今の成績に影響していると思われるが、「適切なローテーションを見つけなければならない」と語ったスティーブ・カーHCが一日も早く解決策を見つけ出すことを祈るばかりだ。

なお、ウォリアーズの今後10試合のスケジュールは以下の通りとなっている。

現地日付対戦チームホームorアウェイ
11/16フェニックス・サンズアウェイ
11/18ニューヨーク・ニックスホーム
11/20ヒューストン・ロケッツアウェイ
11/21ニューオーリンズ・ペリカンズアウェイ
11/23ロサンゼルス・クリッパーズホーム
11/25ユタ・ジャズホーム
11/27ミネソタ・ティンバーウルブズアウェイ
11/29ダラス・マーベリックスアウェイ
12/2シカゴ・ブルズホーム
12/3ヒューストン・ロケッツホーム

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA