【スポンサーリンク】

ケビン・デュラント「良い練習、良い準備、良いエネルギーが好き」

ケビン・デュラント「良い練習、良い準備、良いエネルギーが好き」

NBA史上最高のスコアラーのひとりであるケビン・デュラントは今年夏、ブルックリン・ネッツにトレードを要求した。

最終的にトレードが実現することはなかったが、ネッツはデュラントが求める環境になりつつあるのかもしれない。

デュラントによると、今のネッツにはこれまでなかった良い練習、良い準備、良いエネルギーがあるという。

デュラントは今季のネッツについて次のようにコメント。bleacherreport.comが伝えている。

僕は良い練習、良い準備、良いエネルギーが好き。

正直に話すが、僕たちはそれを見せていると思う。

連敗してしまったが、コーチ陣は素晴らしい仕事をしてくれている。

僕たちは良い準備をしていると思う。

仲間たちは勝利を求めている。

できる限りハードにプレイしている。

それこそ僕が本当に必要としていたものなんだ。

昨季はケミストリーを構築するにあたり、良い準備と素晴らしいエネルギーがなかったと思う。

今はそれを構築しているところだ。

何人かがラインナップから出たり入ったりしているが、それぞれがそれぞれの役割を見つけつつあるんじゃないかな。

だから今夜(サクラメント・キングス戦)のようなゲームであっても楽しいよ。

僕個人としては、「僕は5人のディフェンダーをかわさなければならない」という感じさ。

だが、楽しい。

なぜなら、バスケットボール選手としての成長につながるからね。

このリーグですべてを経験することができれば、僕のキャリアは決まったようなものだ。

僕はすべてを経験している。

チャンピオン、ルーキー・オブ・ザ・イヤー、オールスター、フリーエージェンシー、トレード要求、オールスターMVP、オリンピック。

このリーグであらゆることをやってきたんだ。

この2年間は予想もしなかったことを経験した。

選手たちがラインナップから出たり入ったりしたし、良いプレイができなかったし、ファーストラウンドでスウィープされた。

すべて最悪さ。

だが、これもリーグの一部であり、誰もが経験することだ。

それを経験したからと言って、僕が悲劇のヒロインになるわけではない。

このリーグで多くの男たちが挫折を味わったのを見てきた。

いろんな経験をすることが重要なんだ。

NBA選手として過ごせる時間には限りがある。

永遠に続けることはできない。

だから、僕はここにいる間にすべてを経験するんだ。

デュラントはトレード要求の後にオーナーのジョセフ・ツァイと面会し、「僕をトレードで放出するか、スティーブ・ナッシュHCとショーン・マークスGMを解雇するか」選択を迫ったと報じられた。

これを受け、デュラントに対して「責任を他に押し付けようとしている」、「彼はリーダーではない」などといった批判があがっていたが、デュラントはリーダー論について次のように反論した。

僕がリーダーではないって?

どういう意味だ?

多くの人々が僕のことをリーダーではないと言っている。

なぜなら、僕がカイリー(・アービング)にワクチンを接種しろと言わなかったからだ。

やめてくれ。

カイリーがチームを離れ、彼の人生を生きることを僕は非難しなかった。

大の大人が彼の人生において「あれやこれをやったらダメ」と言うべきではない。

彼の見方や考え方を評価すべきではない。

この件について僕がどう考えているのか、彼ら(ネッツ)がどう考えているのか、話し合うことはできる。

だが、僕たちの議論の内容を全員が知る必要はない。

なぜなら、僕たちは大の大人だからね。

僕たちのスターティングラインナップを見てくれ。

エドモンド・サムナー、ロイス・オニール、ジョー・ハリス、(ニコラス・)クラクストン、そして僕。

軽視するわけではないが、このグループに何を期待するんだ?

君たちは僕たちに勝利を期待している。

なぜなら、僕がいるからだ。

7番がいるから、君たちは僕たちに良いプレイを期待しているんだ。

僕は本当に良い時間を過ごしているよ。

試合中の僕の言葉を聞いてほしい。

僕にもっとマイクを向けてもらえたら、人々は「KDはハッピーだ」、「KDははハッピーではない」と言うのをやめるだろう。

僕はコート上でのあらゆる瞬間を楽しんでいる。

アキレス腱を断裂したことがあるのだから尚更だ。

パンデミックの時、僕たちは「二度とプレイできないのではないか?」と思っていた。

僕はもう一度プレイできるか分からなかった。

「こんなはずではなかった」という感じだった。

だから、コートでのすべての時間を楽しまなければならない。

そうするのもプロだ。

僕はコーチングを受けなければならないし、ショットを決めなければならないし、アグレッシブにプレイしなければならないし、チームメイトたちと正しい方法で話さなければならない。

旅であり、戦いさ。

「引退するまでに優勝し、レガシーを築かなければならない」

そういっことは僕にとってはくだらないことさ。

キャム・トーマスが僕から学び、彼が10年目を迎えるまでに何を得るか。

そういったことが僕のレガシーだ。

僕はアンドレ・ロバーソンにこのリーグで自信をつけさせるようにした。

それが僕のレガシーだ。

ラッセル・ウェストブルック、ステフ・カリー、カイリーと一緒にプレイした時も自分らしくいること。

それが僕のレガシーだ。

それが僕であり、僕がゲームにもたらしているものだ。

僕は誰とでも一緒にプレイできるし、いつでもどこででもプレイできる。

自分の力をもたらすだけだ。

それが僕のレガシーになるはずなんだ。

ネッツの成績不振やアービングの離脱を受け、「デュラントが再びトレードを要求するのでは?」といった憶測が出回った。

だが、少なくとも現時点でデュラントがトレードを要求することはなさそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA