【スポンサーリンク】

ローテーションから外されたデリック・ローズ「勝っているなら文句は言えない」

ローテーションから外されたデリック・ローズ「勝っているなら文句は言えない」

トム・ティボドーHC指揮するニューヨーク・ニックスは、現在5連勝中と絶好調だ。

その一方で、元NBAオールスターポイントガードのデリック・ローズは出場機会を失い、この5連勝中は「コーチの決定による」欠場を強いられている。

だが、ローズによると、チームが勝っている限り、出場機会を得られないことに文句を言うべきではないという。

ローズは自身の状況について質問されると、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

試合に勝っているなら文句は言えない。

もし負けていたら、僕は怒り狂っていたかもしれないね。

だが、僕たちは勝っているのだから、文句は言えないよ。

また、トレードの噂が出ているローズは去就について質問されると、次のように答えた。

分からない。

本当に分からないんだ。

僕はここにいたいが、状況が変わればどこか他に行かなければならないかもしれない。

(NBAキャリアがいつまで続くのか)分からない。

去りたいと感じた時に去れるようにしたい。

その間は笑顔でいたい。

ただ、(未来のことは)誰にも分からないよね。

人々は僕が走り回るのを見たいと思ってくれている。

僕があと何試合プレイできるのか見てみよう。

もうスタッツは重要ではない。

彼らは僕があとどれくらいプレイできるのか見たがっているんだ。

ローズにはNBAオールスターのルカ・ドンチッチ擁するダラス・マーベリックスが関心を持っていると噂されている。

マブスは元NBAオールスターポイントガードのケンバ・ウォーカーを獲得したばかりであり、ローズ獲得に本腰を入れるかは定かでないが、経験豊富なローズを必要とするNBAチームは他にも現れるだろう。

いずれにせよ、辛い経験を乗り越えたローズが最高の形でNBAキャリアを締めくくれることを祈りたい。

なお、ローズの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数21693
平均出場時間13.631.2
平均得点6.417.8
平均リバウンド1.83.3
平均アシスト2.05.3
平均スティール0.30.8
平均ターンオーバー0.82.5
FG成功率40.0%45.6%
3P成功率34.7%31.6%
フリースロー成功率100%83.1%

【スポンサーリンク】

コメントを残す