【スポンサーリンク】

カイリー・アービングが敗戦を受け「もっとハングリーにならないと」

カイリー・アービングが敗戦を受け「もっとハングリーにならないと」

ブルックリン・ネッツは現地12日、昨季NBAファイナリストのボストン・セルティックスに敗れ、今季の成績を27勝14敗とした。

ネッツはNBAオールスターフォワードのケビン・デュラントが不在の中、イースタン・カンファレンス首位のセルティックス相手に善戦するも、スコアリングが必要な第4Qでわずか16点に終わり、デュラント不在の影響の大きさが浮き彫りとなってしまった。

この日24得点を記録したもののFG成功率37.5%(9/24)、3P成功率27.3%(3/11)に終わったカイリー・アービングは試合後、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

落胆すべきではない。

このような形で負けたら、もっとハングリーにならなければならない。

体育館に行き、準備し続けるだけだ。

これまでやってきたことを続けなければならない。

結果を受け入れなければならない。

僕たちにはこれからも仕事があるのだし、自分たち自身以外のことは気にしない。

チームとしてどうやったらもっと良くなるかに注意を払っているんだ。

ネッツを指揮するジャック・・ボーンHCは、「カイリー・アービングにあまりプレッシャーをかけたくない」と語った。

だが、デュラント不在の中でアービングに大きな期待とプレッシャーがかかるのは避けられないだろう。

アービングもそれを自覚しつつ、チームを勝利に導くために最善を尽くすに違いない。

なお、アービングのこの日のスタッツは以下の通りとなっている。

セルティックス戦
出場時間38:01
得点24
リバウンド2
アシスト6
スティール1
ブロックショット1
ターンオーバー2
FG成功率37.5%
(9/24)
3P成功率27.3%
(3/11)
フリースロー成功率75.0%
(3/4)
+/--11

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    おかしな輩に絡まれて大変だろうけど頑張れよ

コメントを残す