【スポンサーリンク】

NBAオールスター経験なしのCJ・マッコラム「オールスターのような給料をもらっている」

NBAオールスター経験なしのCJ・マッコラム「オールスターのような給料をもらっている」

ニューオーリンズ・ペリカンズのCJ・マッコラムはNBA屈指のスコアラーだ。

ポートランド・トレイルブレイザーズ時代は相棒デイミアン・リラードとともにチームをNBAプレイオフ進出に導き続け、昨季中のトレードで移籍したニューオーリンズ・ペリカンズではリーダーとしてチームメイトたちを牽引しているだけに、NBAファンの中には「マッコラムはNBAオールスターに選出されるべき」と感じている者も少なくないのかもしれない。

だが、マッコラムによると、最も重要なのは所属チームを成功に導くことだという。マッコラムのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

僕はオールスターのような給料をもらっている。

もし選ばれなかったとしても、それは素晴らしいことだ。

(給料支払日の)1日と15日はすごく良くしてもらっている。

僕は自分の仕事をするだけさ。

君たちは僕がこれまで選ばれるべきだったと主張できる。

だが、より重要なのはチームの成功だ。

僕は勝つためにここにいる。

もっと効率的に、もっと一貫して貢献するだろう。

僕はこれからもプレイを成功させるし、ショットを決めるし、勝利に貢献するつもりだ。

NBAは先日、NBAオールスターゲーム2023の第2回ファン投票途中結果を発表した。

残念ながら、マッコラムはウェスタン・カンファレンスのガード部門でトップ10入りすることができなかった。

だが、昨年夏にペリカンズと2年6400万ドルの延長契約を結んだマッコラムはチームのために身を捧げ、悲願のNBAチャンピオンに向けて働き続けることだろう。

なお、マッコラムの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数38628
平均出場時間35.231.8
平均得点21.219.3
平均リバウンド4.7
(キャリアハイ)
3.5
平均アシスト5.9
(キャリアハイ)
3.6
平均スティール1.00.9
平均ターンオーバー2.61.8
FG成功率43.5%45.4%
3P成功率40.3%39.7%
フリースロー成功率78.5%80.8%

【スポンサーリンク】

コメントを残す