レブロン・ジェイムス 2012-13TOP10プレイ

【スポンサーリンク】

2012-13シーズンも数々の記録を打ち立てたレブロン・ジェイムス。

現在のNBAでジェイムスを止めるのは、至難の業といえるだろう。

マイアミ・ヒートの絶対的エースとして君臨するジェイムスだが、歴代のエースとはプレイスタイルが異なるかもしれない。

マイケル・ジョーダン然り、コービー・ブライアント然り、NBAを代表する歴代のエースは、勝負を決めるシーンで必ずシュートまで持ち込んでいた。

だが、ジェイムスは違う。

もちろん自分で得点を決めることもあるが、重要なシーンでオープンな選手にパスをさばく能力も持ち合わせている。

エースゆえにジェイムスのプレイには賛否両論あるものの、歴代最高のマルチプレイヤーであるのは間違いないだろう。

2013-14シーズン、ジェイムスはチームメイトとともにスリーピートを目指す。

L・ジェイムス 2012-13TOP10プレイ
2012-13シーズンスタッツ
  • 平均26.8得点(リーグ4位)
  • 平均7.3アシスト(同10位)
  • 平均8.0リバウンド(同21位)
  • 平均1.7スティール(同12位)
  • 平均0.88ブロック(同40位)
  • FG成功率56.5%(同5位)
  • 3P成功率40.6%(同27)
  • ダブルダブル36回(同11位)
  • トリプルダブル4回(同2位)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA