デロン・ウィリアムス 「両足首の手術が必要」

【スポンサーリンク】

デロン・ウィリアムス

今季のデロン・ウィリアムスは、平均16得点、FG成功率56.4%、6.1アシスト、2.2オーバーを記録し、ブルックリン・ネッツのプレイオフ進出に貢献した。

だが、もはやNBAトップクラスのポイントガードとは言えないかもしれない。

慢性的な足首の負傷に悩まされているウィリアムスが、自身の状態について次のように話している。

「MRI検査を受けたあと、手術を受けなければならないと思う」

シーズン途中には血小板注射とコルチゾン注射を受け、トロント・ラプターズとのプレイオフ・ファーストラウンド第7戦前には抗炎症注射を受けていたウィリアムスは、かつてクリス・ポールと並んでNBAのトップポイントガードと称されていた。

だが、度重なる負傷でウィリアムスのパフォーマンスは低下してきている。

マイアミ・ヒートとのプレイオフ・セカンドラウンドでは、マリオ・チャルマーズとマッチアップするウィリアムスに期待がかかっていた。

サイズをいかすことができれば、王者相手に五分の勝負ができたかもしれない。

そのウィリアムスは、来季での復活に向け、このオフにハードなトレーニングを行うようだ。

「このオフ、ハードにトレーニングするよ。毎日ね」

ウィリアムスがかつての姿を取り戻すことができれば、ネッツにさらなる輝きがもたらされるだろう。

D・ウィリアムス ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA