スタン・バン・ガンディHC ジェイソン・キッドHCの手腕に興味津々

【スポンサーリンク】

グレッグ・モンローらを新たに迎え入れたミルウォーキー・バックスは、台風の目となり得るチームのひとつだ。

特にティフェンス面で高い評価を得ているバックスだが、オフェンスに関してはまだまだ課題を残していると言えるだろう。

バックスで2年目を迎えるジェイソン・キッドHCの手腕の見せ所だ。

一方、デトロイト・ピストンズの名将スタン・バン・ガンディHCはキッドHCの手腕に注目している模様。バン・ガンディHCのコメントをJournal Sentinelが伝えている。

「彼らがどうやってまとまって戦うのか興味があるよね。ジャバリ(・パーカー)が復帰した場合、ジェイソンがどんなプランを用いてくるのか興味があるんだ。サイズとスピードを得たうえでシューティング力をキープする。そのバランスをとるのは簡単なことじゃないよ」

現在のバックスのロスターに7フッターのプレイヤーはいないものの、ギアニス・アンテトンポをはじめ、サイズを有しながらアウサイドでプレイできる選手は多い。

キッドHCがこの独特のチームをどうまとめあげるのか、自ずと注目が集まる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA