BIG3リーグ 2億5000万ドルの損害賠償で訴えられる?

【スポンサーリンク】

アイスキューブが設立したBIG3リーグには、アレン・アイバーソンやチャウンシー・ビラップス、ジャーメイン・オニールなどかつてNBAで活躍したスタープレイヤーたちも参戦している。

渦中のラバー・ボールもイベントに参戦するなど大きな盛り上げりを見せたBIG3リーグだが、ほぼ同時期にスタートしたチャンピオン・バスケットボール・リーグから訴えられてしまった模様。

New York Daily Newsによると、チャンピオン・バスケットボール・リーグはプレイヤーと知的所有権を奪ったとし、BIG3リーグに2憶5000万ドルの損害賠償を求める訴えを起こしたという。

NBAと競う目的で設立され、協力関係を築くはずだった両リーグだが、あるプレイヤーがチャンピオン・バスケットボール・リーグへの参加を希望したところ、アイスキューブは嫌悪感を示し、罰金を科すと脅したともされている。

元NBAスタープレイヤーの多くはチャンピオン・バスケットボール・リーグではなく、BIG3リーグに参戦していることから、チャンピオン・バスケットボール・リーグは想定していた収入を得られていないのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA