BIG3リーグ チャンピオンズ・バスケットボールリーグの訴訟に対抗

【スポンサーリンク】

アイスキューブが設立したBIG3リーグは先日、チャンピオンズ・バスケットボールリーグから訴えられた。

チャンピオンズ・バスケットボールリーグによると、同時期に誕生した両リーグはNBAに対抗する目的があり、その点において協力関係を結んでいたという。

両リーグは選手がどちらのリーグでもプレイできるよう協定を交わしたというが、BIG3リーグは同リーグに参加した選手に対し、チャンピオンズ・バスケットボールリーグへの参加を認めなかった。

この行為に怒り心頭のチャンピオンズ・バスケットボールリーグが訴訟を起こしたわけだが、BIG3リーグ創設者であるアイスキューブは納得していないようだ。

TMZ Sportsによると、BIG3リーグはチャンピオンズ・バスケットボールリーグに対して訴訟を起こしたという。

BIG3リーグは双方のリーグに合意事項はまったくなく、選手たちがチャンピオンズ・バスケットボールリーグでプレイするのを禁止していないと主張。

さらに、チャンピオンズ・バスケットボールリーグの創設者であるカール・ジョージを詐欺者呼ばわりしており、両リーグの争いは泥沼化しそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA