【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスが復帰を急ぐアンソニー・デイビスを戒める

レブロン・ジェイムスが復帰を急ぐアンソニー・デイビスを戒める

ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビスは、フェニックス・サンズとのNBAプレイオフ・ファーストラウンド第4戦で股関節を過度に伸ばし、途中退場した。

第5戦の前にシューティングし、出場を切望したというデイビス。

だが、シューティングの時も股関節の状態は好ましくなく、欠場を余儀なくされた。

それには相棒レブロン・ジェイムスのアドバイスも影響していたのかもしれない。

hoopsrumors.comによると、ジェイムスは復帰を急ぎすぎないようデイビスを戒めたという。

ジェイムスはレイカーズに移籍した2018-19シーズンに股関節を負傷し、数週間離脱した経験がある。

それゆえに股関節の怪我がいかに厄介かを理解しているのだろう。

なお、レイカーズを指揮するフランク・ボーゲルHCはデイビスについて、「復帰するためにできる限りのことをやってくれている」としながらも、第6戦出場については「どうなるか見てみよう」と語り、試合前に決定することを明かした。

また、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープにも欠場の可能性が浮上している。

コールドウェル・ポープはデビン・ブッカーとの接触で左膝を負傷し、第4戦を欠場。

第5戦で復帰したものの、後半に入ると膝の痛みがぶり返し、動きが制限されたという。

NBA連覇へ向けて危機的状況に陥ったレイカーズ。

果たして第6戦で巻き返し、シリーズをタイに戻すことができるだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA