【スポンサーリンク】

ペリカンズがロンゾ・ボールのトレード計画を撤回?

ペリカンズがロンゾ・ボールのトレード計画を撤回?

ニューオーリンズ・ペリカンズのロンゾ・ボールにはトレードの噂が浮上していた。

だが、ボールはトレードの噂が浮上した途端にショットタッチを取り戻し、今季はNBAキャリアベストとなる3P成功率39.3%を記録している。

ペリカンズはこの状況を受け、ボールと共に進んでいくことを決定したのかもしれない。

Bleacher Reportによると、ペリカンズがボールをトレードで放出する可能性はほぼゼロだという。

ただし、ボールと同じ時期にトレードの噂が浮上したJJ・レディックとエリック・ブレッドソーには、依然としてトレードの噂が出ている。

なお、家族がブルックリンで暮らしているというレディックはブルックリンに近いNBAチームへのトレードを希望しているとされ、ペリカンズも希望に応じると報じられている。

いずれにせよ、ペリカンズには今月下旬のトレード期限までに何かしらの動きがあると見て良いだろう。

ボールの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りだ。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数30192
平均出場時間31.732.2
平均得点14.5
(キャリアハイ)
11.3
平均リバウンド4.2
(キャリアワースト)
5.8
平均アシスト5.1
(キャリアワースト)
6.4
平均スティール1.3
(キャリアワースト)
1.5
平均ターンオーバー2.02.6
FG成功率42.8%
(キャリアハイ)
39.6%
3P成功率39.3%
(キャリアハイ)
35.2%
フリースロー成功率76.3%
(キャリアハイ)
53.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA