【スポンサーリンク】

スタンリー・ジョンソンがサウスベイ・レイカーズに入団

昨季までの2シーズンをトロント・ラプターズでプレイしたスタンリー・ジョンソンが、ロサンゼルス・レイカーズ傘下のGリーグチームに加わった模様。

サウスベイ・レイカーズは現地15日、NBAキャリア6年のジョンソンを獲得したことを発表した。

ロサンゼルス出身のジョンソンは2015年のNBAドラフト8位でデトロイト・ピストンズに入団。

だが、その後ピストンズの再建プランから外れると、出場機会は減少。

昨季はラプターズでNBAキャリアを取り戻すパフォーマンスを見せたものの、ラプターズと再契約することはできなかった。

ロサンゼルス・レイカーズのロスターには1枠空きがあるため、ジョンソンはGリーグで結果を残し、ロサンゼルス・レイカーズの一員としてNBAゲーム復帰を目指したいところだ。

なお、ジョンソンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数61371
平均出場時間16.519.7
平均得点4.46.2
平均リバウンド2.53.1
平均アシスト1.51.4
平均スティール0.90.9
平均ターンオーバー0.91.1
FG成功率38.2%37.5%
3P成功率32.8%
(キャリアハイ)
29.8%
フリースロー成功率80.0%
(キャリアハイ)
76.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA