【スポンサーリンク】

フランク・ボーゲルHCがハーフタイム中に飛ばした檄とは?

フランク・ボーゲルHCがハーフタイム中に飛ばした檄とは?

ロサンゼルス・レイカーズは現地11月30日にサクラメント・キングスと対戦し、25点差で快勝した。

今季鬼門となっている第3Qでキングスを圧倒し、最後まで勢いを止めなかったレイカーズ。

その要因は指揮官のフランク・ボーゲルHCがハーフタイム中に飛ばした檄にあったのかもしれない。

この日12得点、13リバウンド、2スティール、2ブロックショットで勝利に貢献したドワイト・ハワードによると、ボーゲルHCはハーフタイム中に以下のように檄を飛ばしたという。talkbasket.netが伝えている。

彼はこう叫んだんだ。

「優勝の話はするな。正しい努力をしろ」とね。

彼は正しいよ。

デイビスは以前、ボーゲルHCについて「優しすぎる」とし、「もっと強く話しても良い」と語っていた。

ボーゲルHCはレイカーズの現状を受け、今が檄を飛ばす時だと考えたのかもしれない。

後半のレイカーズは素晴らしいディフェンスからオフェンスにつなげ、NBAチャンピオンシーズンのような強さを見せた。

だが、キングスが勝率5割を大きく下回っているチームだということも忘れてはならない。

レイカーズはこの日の勝利をきっかけに、ギアを上げたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA