【スポンサーリンク】

ペリカンズはザイオン・ウィリアムソンを管理できていない?

ペリカンズはザイオン・ウィリアムソンを管理できていない?

2019年のNBAドラフト1位選手であるニューオーリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンは、現在復帰に向けてリハビリを続けている。

ペリカンズは年明け、ウィリアムソンがチームと離れてオレゴン州でリハビリに取り組むことを発表し、チームのメディカルスタッフがマネジメントすることを明かした。

だが、実際のところはマネジメントできていないのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、ウィリアムソンはペリカンズのオーナーのプライベートジェット機でオレゴン州に向かったものの、ペリカンズのメディカルスタッフは帯同しておらず、ウィリアムソンはルイジアナ州立大学の元ストレングスコーチであるジャスパー・ビブスと共にリハビリに取り組んでいるという。

もし本当にペリカンズのメディカルスタッフが帯同していないなら、ペリカンズはウィリアムソンのリハビリ状況を詳細に知ることができないだろう。

ペリカンズによると、ウィリアムソンの復帰は近いというが、ウィリアムソンは昨年夏にペリカンズに相談することなく足を手術したと報じられたこともあり、本当に復帰が近いのか疑問が残るところだ。

ペリカンズが今後長くウィリアムソンと歩んでいくつもりなら、まずは信頼関係を構築し、コミュニケーションを密に取らなければならないかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA