【スポンサーリンク】

ジャ・モラントはレブロン・ジェイムスのようにチームに富をもたらす?

ジャ・モラントはレブロン・ジェイムスのようにチームに富をもたらす?

メンフィス・グリズリーズのジャ・モラントは、NBAキャリア3年目となる今季を飛躍のシーズンとしている。

モラントの人気は試合を重ねるたびに高まるばかりであり、NBAオールスターには一度も選出されたことがないものの、すでにNBAスーパースターレベルの人気を誇っていると言えるだろう。

モラントが今後も成長することができれば、モラントはもちろんグリズリーズも大きな恩恵に預かれるかもしれない。

マーケティングおよびクリエイティブエージェンシーのマーケティングアーム社のセレブリティ&インフルエンサー部門でシニアマネージャーとして働くアレックス・ハノノによると、レブロン・ジェイムスがクリーブランド・キャバリアーズに多くの利益をもたらしたように、モラントはグリズリーズに多大な利益をもたらす可能性があるという。ハノノのコメントをthe Memphis Commercial Appealが伝えている。

レブロンがクリーブランドにいた時と似た状況になる可能性がある。

長い道のりになるのは間違いないし、たくさんの勝利と成功が必要になるだろう。

だが、おそらくモラントとチームは長い目で考え、それを視野に入れているんじゃないかな。

モラントはナイキやボディアーマー、ハイパーアイスなど大手企業と契約を結んでおり、モラントのネット検索トラフィックはジェイムスのNBAキャリア3年目に迫る数字を記録しているという。

すでにナイキのCMに出演し、12月にはボディアーマーのCM撮影も済ませたというモラント。

果たしてモラントはジェイムスのように偉大なキャリアを送り、グリズリーズをNBAチャンピオンに導くことができるだろうか?

なお、モラントの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数36166
平均出場時間32.932.0
平均得点25.3
(キャリアハイ)
19.9
平均リバウンド6.0
(キャリアハイ)
4.4
平均アシスト6.9
(キャリアワースト)
7.2
平均スティール1.3
(キャリアハイ)
1.0
平均ターンオーバー3.43.3
FG成功率48.7%
(キャリアハイ)
47.0%
3P成功率35.0%
(キャリアハイ)
32.6%
フリースロー成功率77.3%75.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA