【スポンサーリンク】

カイル・クーズマ「僕の役割は変わった」

カイル・クーズマ「僕の役割は変わった」

昨年夏のトレードでロサンゼルス・レイカーズからワシントン・ウィザーズに移籍したカイル・クーズマは、昨季とは一転したパフォーマンスを見せ、ウィザーズファンの信頼を勝ち取っている。

NBAオールスターガードのブラッドリー・ビールが離脱して以降は貴重なスコアリングオプションとなり、結果を残しているクーズマ。

クーズマによると、シーズンが進むにつれて求められる役割が変化しているという。クーズマのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

ペースと景色が大きく変化している。

ここでの僕の役割は変わった。

最初の25試合を考えると、当時の僕の役割は今とは違った。

今はよりスコアリングを求められ、よりボールを持ってプレイすることが増えたんだ。

僕が僕自身になり、僕がやるべきことをやれる状況にいられるのは素晴らしいことさ。

僕は自分を過小評価しないよ。

ウィザーズを指揮するウェス・アンセルドJrHCもクーズマを高く評価し、クーズマのことを「スイスアーミーナイフ」と呼んでいるという。

レイカーズでプレイした昨季はホームのファンから「トーレドしろ!」などと罵声を浴びせられ、タフな時間を送っていたクーズマ。

レイカーズを離れた後に開花したロンゾ・ボールやブランドン・イングラム、ジュリアス・ランドル、ジョーダン・クラークソンのように、クーズマにもさらなる成長と開花を期待したい。

なお、クーズマの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数60336
平均出場時間33.630.4
平均得点17.215.6
平均リバウンド8.7
(キャリアハイ)
6.2
平均アシスト3.4
(キャリアハイ)
2.2
平均スティール0.7
(キャリアハイ)
0.6
平均ターンオーバー2.51.9
FG成功率45.6%
(キャリアハイタイ)
44.9%
3P成功率34.2%33.9%
フリースロー成功率72.5%72.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA