【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスがロケッツ戦でカーメロ・アンソニーへのパスを選択した理由とは?

レブロン・ジェイムスがロケッツ戦でカーメロ・アンソニーへのパスを選択した理由とは?

ロサンゼルス・レイカーズは先日、ウェスタン・カンファレンス最下位のヒューストン・ロケッツ相手に痛恨の敗戦を喫してしまった。

NBAオールスターのレブロン・ジェイムスはトリプルダブルを記録したものの、最後までシュートタッチを掴むことができず、レギュレーション最後のプレイではスコアリングではなく、カーメロ・アンソニーへのパスを選択。

アンソニーのジャンパーは外れ、その結果オーバータイムでロケッツに猛攻を許すことになってしまったわけだが、なぜジェイムスはスコリングではなくパスを選択したのだろうか?

ジェイムスはレギュレーション最後のプレイについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

ドライブの角度だったが、デイビッド・ヌワバがカバーに来た。

僕は大きめに2ステップしたが、2ステップ目でバックボードの裏側に入ってしまい、少しバランスを崩してしまったんだ。

リバースレイアップを無理に狙うこともできた。

だが、良いショットを撃てるポジションではなかったし、メロのほうが良いポジションにいると感じたんだ。

そういうことさ。

この日のジェイムスは23得点、14リバウンド、12アシスト、1スティール、4ブロックショットを記録したものの、FG成功率は34.6%(9/26)、3P成功率はわずか11.1%(1/9)にとどまった。

レギュレーション最後のプレイについては、リング下にカットしたオースティン・リーブスもフリーだったが、ジェイムスはリーブスに気付けないほど平常心ではなかったのかもしれない。

いずれにせよ、次のワシントン・ウィザーズ戦で奮起を期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA