【スポンサーリンク】

チャールズ・バークレーがウィル・スミスの平手打ち問題について「100%間違い」

チャールズ・バークレーがウィル・スミスの平手打ち問題について「100%間違い」

先日開催された2020年アカデミー賞受賞式で、俳優のウィル・スミスがコメディアンのクリス・ロックに平手打ちを見舞うシーンがあった。

脱毛症の妻を軽視されたと感じたスミスは壇上に上がり、スミスに強烈な平手打ちを見舞ったわけだが、スミスの行為には賛否両論ある。

授賞式から数日経った今もこの問題が世界中で取り上げられ、議論されている中、NBAレジェンドのチャールズ・バークレーが言及した模様。

過去に暴力行為で逮捕されたことがあるというバークレーは、スミスの平手打ちについて次のように指摘。fadeawayworld.netが伝えている。

僕はクリス・ロックが大好きだ。

ウィル・スミスが大好きだ。

だが、ウィルが100%間違いだった。

僕は過去に人を殴り、4回か5回は逮捕されたと思う。

僕が間違っていた。

自分の過ちを認めるのは良いことさ。

(スミスは)過剰反応だった。

僕たちの仕事では、罵声を浴びせられたりバカなことを言われたりすることもある。

だが、当時の僕は25歳か26歳で、過剰に反応したのは愚かだった。

僕はいま60歳近い。

25~26歳の時にやっていたことは、もうできないんだ。

仕事ではこういうこともあるものさ。

個人的なことを言われない限りは、頬を差し出す。

そうしなければならない。

90%のファンは素晴らしいよ。

だが、10%のファンは君に嫉妬し、怒っているだけさ。

なぜなら、君は成功したからね。

それでも頬を差し出さなければならないんだ。

スミスがロックに平手打ちを見舞った後、警察はスミス逮捕に向けて動こうとしていたと報じられている。

だが、ロックがそれを制止し、逮捕には至らなかったという。

しばらく世間を騒がせるであろうこの問題は、果たしてどのような決着を見るのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA