【スポンサーリンク】

マーカス・スマート「僕はポイントガードとして指名された」

マーカス・スマート「僕はポイントガードとして指名された」

今季のNBAディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに選出されたボストン・セルティックスのマーカス・スマートは、このNBAプレイオフでディフェンダーとしてはもちろんプレイメイカーとしても活躍している。

スマートはポイントガードではなくコンボガードとして見られることが多く、「マーカス・スマートはポイントガードではない」と言うNBAファンも少なくないというが、この件についてスマートが言及した模様。

スマートは自身のポジションについて次のようにコメント。the Boston Heraldが伝えている。

人々がこう言っているのを聞いてきた。

「彼はポイントガードではない」、「彼がポイントガードだなんて信じられない」とね。

僕はポイントガードとして6位で指名された。

理由があってポイントガードとして選ばれた。

だからおもしろいよね。

だが、僕はもっと自分のゲームに取り組み、良い選手に成長し続けるだけだ。

他人のことは気にしないよ。

ポイントガードとして、プレイメイカーとして成長し続け、セルティックスを悲願のNBAチャンピオンに導こうとしているスマート。

もしセルティックスがNBAタイトルを勝ち取ることができれば、スマートはポイントガードとしてより認知されることになるだろう。

なお、スマートの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数71520
平均出場時間32.329.8
平均得点12.110.5
平均リバウンド3.83.6
平均アシスト5.9
(キャリアハイ)
4.5
平均スティール1.71.6
平均ターンオーバー2.21.8
FG成功率41.8%38.2%
3P成功率33.1%32.1%
フリースロー成功率79.3%78.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA