【スポンサーリンク】

ペイサーズがレイカーズからのトレードオファーを一蹴?

ペイサーズがレイカーズからのトレードオファーを一蹴?

ロサンゼルス・レイカーズのヘッドコーチに就任したダービン・ハムは先日、レブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルックを中心としたチームとしてNBAタイトル奪還を目指すことを明かした。

だが、レイカーズのフロントオフィスは今もウェストブルックのトレードを実現させようとしているのかもしれない。

しかし、ウェストブルックのパフォーマンスと大型契約がネックになっている現実に変わりはなさそうだ。

fadeawayworld.netによると、レイカーズはマルコム・ブログドンを獲得するためにインディアナ・ペイサーズに接触し、ウェストブルックとテイレン・ホートン・タッカー、2026年のNBAドラフト1巡目指名権をセットにしてオファーしたものの、ペイサーズに即断られてしまったという。

ウェストブルックはNBA史上最多となるトリプルダブル達成を記録した偉大な選手だ。

だが、ペイサーズがウェストブルックを高く評価していないのは間違いないだろう。

ウェストブルックにはシャーロット・ホーネッツが関心を持っていると噂されているが、果たしてウェストブルックのトレードは実現するのだろうか?

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ラスにはただアグレッシブにバスケしてほしい。こんな扱いされるのはファンから見てもこのパフォーマンスだと仕方ないけど、やっぱり全盛期ばりに動けないとしても今季たまに見せた豪快なダンクだけは色褪せない。何だかんだラスが好きだと思い始めて数年、やっぱり1番の推しだ

  2. By 匿名

    もはや喧嘩売ってんだろw

*

CAPTCHA