【スポンサーリンク】

カイル・クーズマ「僕とブラッドリー・ビールとクリスタプス・ポルジンギスは良い感じ」

カイル・クーズマ「僕とブラッドリー・ビールとクリスタプス・ポルジンギスは良い感じ」

ワシントン・ウィザーズのカイル・クーズマは、NBAキャリア6年目となる今季を飛躍のシーズンとしている。

ロサンゼルス・レイカーズ時代は将来を期待されながらも、NBAを代表するスーパースターのレブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビスが加わって以降は影を潜めていたクーズマ。

ウィザーズへのトレードがクーズマにとってNBAキャリアの転機になったのは間違いないだろうが、クーズマ自身もウィザーズでの時間を楽しんでいるのかもしれない。

クーズマは先日、レイカーズ時代とウィザーズでの彼自身について次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

トレードされた時、準備はできていた。

この状況に身を置いたことは、多くの助けになった。

彼らは僕とポジションが被っていたし、僕のようなタイプの選手だったし、僕のようなスタイルだった。

ここでの僕はレブロンとADの影に隠れてプレイしていない。

ここでそうする必要はない。

なぜなら、僕、ブラッド(ブラッドリー・ビール)、KP(クリスタプス・ポルジンギス)が互いの邪魔になることはないからね。

僕たちはすごく良い感じだ。

最初の20試合はすごく良い雰囲気だった。

互いを邪魔することなく、僕たち全員が平均20得点を記録しているんだ。

ウィザーズは現在11勝14敗、イースタン・カンファレンス11位にとどまっている。

現在4連敗中と調子を落としているが、クーズマ、ビール、ポルジンギスのビッグ3がケミストリーをさらに構築すれば、NBAプレイオフ進出を狙えるレベルに達することができるだろう。

とはいえ、ケミストリーを一日も早く構築したいところだ。

なお、今季のクーズマ、ビール、ポルジンギスのスタッツは以下の通りとなっている。

K・クーズマB・ビールK・ポルジンギス
出場試合数241824
平均出場時間34.635.132.5
平均得点20.622.922.1
平均リバウンド7.53.78.8
平均アシスト3.55.42.6
平均スティール0.51.20.9
平均ブロック0.50.61.5
平均TO2.52.82.0
FG成功率45.9%52.2%46.8%
3P成功率30.8%35.2%34.0%
FT成功率73.9%87.3%79.0%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    八村?知らない人ですね

コメントを残す