【スポンサーリンク】

ジャーニーマンとなったアンドレ・ドラモンド「まるで遠足のよう」

ジャーニーマンとなったアンドレ・ドラモンド「まるで遠足のよう」

ベテランセンターのアンドレ・ドラモンドは、かつてNBAを代表するビッグマンのひとりだった。

だが、ピストンズでNBAキャリア7年半を過ごした後にクリーブランド・キャバリアーズに移籍すると、その後ロサンゼルス・レイカーズ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、ブルックリン・ネッツ、シカゴ・ブルズとチームを転々としている。

かつてのNBAオールスターセンターがジャーニーマン化してしまっったわけだが、ドラモンドによると、ジャーニーマンとしてのキャリアを楽しもうとしているという。

ドラモンドは自身について次のようにコメント。The New Haven Registerが伝えている。

まるで遠足のようだ。

僕はたくさん移動してきた。

だが、自分にコントロールできることをコントロールするだけだ。

楽しんでいるよ。

楽しい旅と思わなければならない。

僕は1つの場所に8年間いた。

デトロイトを愛していた。

デトロイトが僕にキャリアを与えてくれた。

違う都市を見て、違う組織にいることを、異なる文化を経験する楽しい時間として受け止めているんだ。

ドラモンドはNBAキャリアを通してリバウンド王に4度輝くなど、リバウンダーとして素晴らしい実績を誇っている。

ドラモンドによると、NBA史上最高のリバウンダーとして歴史に名を残すと確信しているという。

僕はすでにそこに到達していると思う。

引退する時には史上最高のリバウンダーとして名を残すだろう。

今はまだだとしてもね。

現在29歳のドラモンドはNBAキャリアを通して9519リバウンドを記録している。

だが、NBAレジェンドのウィルト・チェンバレンの23924リバウンド、ビル・ラッセルの21620リバウンド、カリーム・アブドゥル・ジャバーの17440本には遠く及ばない。

それでもドラモンドはリバウンダーとしての誇りを胸に、常に全力でボールに飛び込むことだろう。

なお、ドラモンドの通算リバウンド数はNBA史上46位となっている。

NBA史上最多リバウンド数トップ30は以下の通りだ。

順位選手試合数リバウンド数
1ウィルト・チェンバレン104523924
2ビル・ラッセル96321620
3カリーム・アブドゥル・ジャバー156017440
4エルビン・ヘイズ130316279
5モーゼス・マローン132916212
6ティム・ダンカン139215091
7カール・マローン147614968
8ロバート・パリッシュ161114715
9ケビン・ガーネット146214662
10ドワイト・ハワード124214627
11ネイト・サーモンド96414464
12ウォルト・ベラミー104314241
13ウェス・アンセルド98413769
14アキーム・オラジュワン123813748
15シャキール・オニール120713099
16バック・ウィリアムス130713017
17ジェリー・ルーカス82912942
18ボブ・ペティット79212849
19チャールズ・バークレー107312546
20ディケンベ・ムトンボ119612359
21ポール・サイラス125412357
22チャールズ・オークリー128212205
23デニス・ロッドマン91111954
24ケビン・ウィリス142411901
25パトリック・ユーイング118311607
26ダーク・ノビツキー152211489
27エルジン・ベイラー84611463
28パウ・ガソル122611305
29ドルフ・シェイズ99611256
30ビル・ブリッジズ92611054

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA