【スポンサーリンク】

カール・アンソニー・タウンズ「僕はNBAで何年もパワーフォワードでプレイした」

カール・アンソニー・タウンズ「僕はNBAで何年もパワーフォワードでプレイした」

ミネソタ・ティンバーウルブズはこのオフシーズン中のトレードでNBAオールスターセンターのルディ・ゴベアを獲得した。

ゴベアが加わったことでカール・アンソニー・タウンズは4番のポジションにコンバートし、よりオフェンスに関わっていくと見られている。

タウンズが4番のポジションで実力を発揮できるか気になるところだが、タウンズによると、NBAキャリアを通して何度もパワーフォワードのポジションでプレイしたという。

タウンズはパワーフォワードへのポジション変更について次のようにコメント。CBS Sportsが伝えている。

直近でこのようなことがあったのは、ゴーギー・ジェンがいた時だった。

僕はNBAで何年も(パワーフォワードのポジションで)プレイしたんだ。

ファンが忘れているだけさ。

問題ない。

大学時代のプレイに戻るんだ。

タウンズが4番のポジションにコンバートすることにより、ウルブズはサイズを活かしたオフェンスが可能になる。

一方、多くのNBAチームがスモールラインアップを取り入れている中、タウンズがアウトサイドでプレイする相手にディフェンスで対抗できるかが懸念されるところだ。

だが、ウルブズはチームとして解決方法を見つけ出し、タウンズとゴベアがうまく機能するよう最善を尽くすだろう。

なお、タウンズとゴベアの昨季のスタッツは以下の通りとなっている。

K・A・タウンズR・ゴベア
出場試合数7466
平均出場時間33.532.1
平均得点24.615.6
平均リバウンド9.8
(キャリアワースト)
14.9
(キャリアハイ)
平均アシスト3.61.1
平均スティール1.0
(キャリアハイ)
0.7
平均ブロックショット1.1
(キャリアワーストタイ)
2.1
平均ターンオーバー3.11.8
FG成功率52.9%71.3%
(キャリアハイ)
3P成功率41.0%0%
フリースロー成功率82.2%69.0%
(キャリアハイ)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA