【スポンサーリンク】

デマー・デローザンがドレイモンド・グリーンのパンチ問題に言及「その後より良い関係になる」

デマー・デローザンがドレイモンド・グリーンのパンチ問題に言及「その後より良い関係になる」

昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンがチームメイトのジョーダン・プールに強烈なパンチを見舞った映像が流出した時、多くのNBAファンは衝撃を受け、グリーンをバッシングした。

元ウォリアーズのNBAオールスター、ケビン・デュラントは「僕はリーグに16年いるが、このようなことはあの映像を見るまで一度も見たことがなかった」としつつも、「ウォリアーズの選手たちは常に協力して努力する」と語り、ウォリアーズの選手たちなら立ち直ることができると語った。

シカゴ・ブルズのNBAオールスター、デマー・デローザンも、デュラントと同じように考えているのかもしれない。

デローザンによると、NBA界隈で激しい言い争いは珍しいことではなく、口論を繰り広げた後は結束が強くなることが多いという。デローザンのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

第一に、何が起こったのか分からない。

どんな言葉が発せられたのか分からない。

僕は多くの体育館や練習で男たちの言い争いを見てきた。

僕がその場にいたケースの多くでは、その後より良い関係になる。

特に原因が分かっていればね。

それがファミリーというものさ。

誰もがそれぞれの意見を押し付けようとするのは残念なことだが、こういうことはあるんだ。

グリーンはプールやチームメイトたちに謝罪し、プールもそれを受け入れたとされている。

雨降って地固まるとなるかは分からないが、少なくとも現時点で大きな影響はないと言えるだろう。

時間が経ち、ウォリアーズが勝利すれば、グリーンとプールは信頼関係を完全に取り戻すに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA