【スポンサーリンク】

NBAファンの笑いを誘ったルーク・コーネット「効果があると聞いている」

NBAファンの笑いを誘ったルーク・コーネット「効果があると聞いている」

昨季NBA王者ボストン・セルティックスは現地28日にクリーブランド・キャバリアーズと対戦し、延長線の末に敗れた。

この日はキャブスのドノバン・ミッチェルとキャリス・レバートがそれぞれ41得点と大爆発。

だが、この試合でもっとも話題をさらったのはミッチェルとレバートではなく、セルティックスのバックアップビッグマン、ルーク・コーネットだったのかもしれない。

キャブスの選手がコーナーから3ポイントを狙おうとした時、コーネットは選手に向かってコンテストするのではなく、両手を高く上に伸ばしてその場でジャンプし、邪魔しようとしたのだ。

https://twitter.com/ClutchPointsApp/status/1586179578631925760

一度のみならず、連続でその場ジャンプディファエンスを披露したコーネット。

コーネットのまさかのディフェンスは多くのNBAファンに笑いをもたらしたというが、コーネットは至って真剣だったのかもしれない。

コーネットはその場ジャンプディフェンスについて質問されると、次のように答えたという。fadeawayworld.netが伝えている。

あれは効果があると聞いている。

かなり自然にやったことだ。

違いが生じると聞いている。

これまで何度かやったことがあるし、効果があったように思う。

効果がないことが数字で示されれば、調整するだろうね。

毎回完璧にいくわけではない。

もし相手に追いつき、視界からリムを隠すことができれば、そのほうが良い。

僕たちは視覚に依存している。

正しいことをやれば、それなりの効果を得られるだろう。

コーネットが「効果がある」と聞いたのがNBA入りしてからなのか、それともNBA入りする前なのかは分からない。

だが、「効果がない」と証明されない限り、コーネットは教えを忠実に守り、最低限の仕事を確実にこなすに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA