【スポンサーリンク】

FAのマイルズ・ブリッジズにレイカーズなど複数のNBAチームが関心か?

FAのマイルズ・ブリッジズにレイカーズなど複数のNBAチームが関心か?

NBAキャリア4年をシャーロット・ホーネッツで過ごしたマイルズ・ブリッジズは、オフシーズン中にDV容疑で告訴された。

最悪のケースでは懲役11年8ヵ月の刑が科される可能性があったと報じられたが、裁判の結果、3年間の保護観察処分となった。

この結果を受け、NBAプレイオフ進出を狙うチームがブリッジズの状況をモニターしているようだ。

clutchpoints.comによると、ロサンゼルス・レイカーズとデトロイト・ピストンズを含む複数のNBAチームがブリッジズに関心を持っているという。

ただし、NBAチームがすぐにブリッジズ獲得に動く可能性は低いだろう。

NBAは現在ブリッジズの問題を調査しており、リーグの方針に違反したと判断した場合、罰金処分、もしくは一定期間の出場停止処分、もしくは資格剥奪処分を科す可能性がある。

つまり、ブリッジズ獲得を狙うチームはNBAの調査結果を待ってから動くことになりそうだ。

一方、ホーネッツは今もブリッジズを「コアピース」として見ているとも報じられている。

なお、ブリッジズは52週間のDVカウンセリング、52週間の育児講座受講、100時間の社会奉仕活動が義務付けられた他、薬物検査を毎週受けなければならない。

ブリッジズの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2021-22NBAキャリア
出場試合数80291
平均出場時間35.529.1
平均得点20.2
(キャリアハイ)
13.4
平均リバウンド7.0
(キャリアハイ)
5.6
平均アシスト3.8
(キャリアハイ)
2.3
平均スティール0.9
(キャリアハイ)
0.7
平均ターンオーバー1.91.4
FG成功率49.1%47.3%
3P成功率33.1%34.6%
フリースロー成功率80.2%80.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA