【スポンサーリンク】

ベン・シモンズのNBAキャリア通算3ポイント成功本数が交際女性人数を下回る

ベン・シモンズのNBAキャリア通算3ポイント成功本数が交際女性人数を下回る

ブルックリン・ネッツのベン・シモンズは、NBA屈指のスコアラーでありプレイメイカーだ。

だが、シュートについては得意としておらず、スコアリングを積極的に狙わないことで批判されることも少なくない。

そんな中、シモンズの3ポイント成功本数にまつわる数字が話題を呼んでいる模様。

fadeawayworld.netによると、シモンズがNBAキャリアを通して決めた3ポイントの本数は、彼がNBA入り後に交際した女性の人数より少ないという。

シモンズはNBAキャリアを通して3ポイントを35本放っているものの、成功したのはわずか5本。

一方、交際した女性はというと、NBA入りした2016年にインスタモデルのブリタニー・レナーと、同年にモデルのタリア・リッチマンと、2017年にアーティスト兼アスリートのディラン・ゴンザレスと、2018年にソングライターのティナーシェと、同年にモデルのケンダル・ジェンナーと交際。

その後モデルのマヤ・ジャマと交際し、婚約まで至ったものの、イギリスでモデルやテレビの仕事をこなしているジャマとの遠距離恋愛を続けることができず、破局してしまった。

今季のシモンズは3ポイントを1本しか放っていない。

そもそもネッツにはNBA屈指のスコアラーやシューターが揃っているため、シュートを苦手としているシモンズが無理にスコアリングを狙う必要はないだろう。

だが、シモンズがオフェンス面でアグレッシブなプレイをしなければ、これからもさまざまな皮肉めいた数字が話題を呼ぶことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

コメントを残す