【スポンサーリンク】

ステフィン・カリー「キャリアを通して1つのチームでプレイするのはスペシャルなこと」

ステフィン・カリー「キャリアを通して1つのチームでプレイするのはスペシャルなこと」

2009年のNBAドラフト7位でゴールデンステイト・ウォリアーズに入団したステフィン・カリーは、ウォリアーズにすべてを捧げ、ウォリアーズ一筋のキャリアを送っている。

2021年に結んだ契約は2026-26シーズンまで続くため、カリーは少なくとも38歳になるまでウォリアーズの一員としてプレイするだろう。

衰え知らずのパフォーマンスを続けているカリーが何歳まで現役を続けるかは分からないが、カリーによると、ウォリアーズのような他に例のない組織でNBAキャリアをまっとうするのはスペシャルなことだという。

カリーはウォリアーズについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕たちがここで成長し、ここで築き上げたものは、(ウォリアーズ一筋のNBAキャリアを送ることの)助けになるだろう。

僕たちがここで築き上げたものはユニークなんだ。

僕たちは(主力を)維持しつつ、若い選手たちを加えてきた。

このリーグで何年も行われていることとは逆のことをやってきた。

本当に難しいことさ。

全キャリアをひとつのチームのためにプレイすることは、これまでの道のりで勝ち取ってきたことを考えると、スペシャルなことなんだ。

カリーはロサンゼルス・レイカーズとの開幕戦で33得点、6リバウンド、7アシスト、4スティールを記録し、ウォリアーズを勝利に導いた。

スピードとフィジカルに依存しないカリーは、この先何年もNBAトップレベルのパフォーマンスを見せ、ウォリアーズにすべてを捧げるに違いない。

なお、カリーの開幕戦のスタッツは以下の通りとなっている。

LAL戦
出場時間32:48
得点33
リバウンド6
アシスト7
スティール4
ブロックショット1
ターンオーバー4
FG成功率45.5%
(10/22)
3P成功率30.8%
(4/13)
フリースロー成功率100%
(9/9)
+/-+20

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA