【スポンサーリンク】

ウォリアーズがペイトン・プリチャード獲得を狙ってトレードオファー?

ウォリアーズがペイトン・プリチャード獲得を狙ってトレードオファー?

NBAキャリア3年目を迎えているボストン・セルティックスのペイトン・プリチャードには、トレードの噂が浮上している。

ペイトンには多くのNBAプレイオフチームが関心を持っていると報じられているが、その中には昨季NBA王者も含まれているようだ。

masslive.comによると、ゴールデンステイト・ウォリアーズはセルティックスに対し、プリチャードをトレードで放出するか否か問い合わせているという。

プリチャードはNBAキャリアを通して3P成功率40.1%を記録している。

また、プリチャードのサラリーは今季がわずか220万ドル、来季が400万ドルであるため、ウォリアーズのようなサラリーキャップ問題にさらされているNBAチームにとってはうってつけの人材と言えるだろう。

ただし、セルティックスがプリチャードをトレードで放出する可能性は低いと見られている。

セルティックスは怪我の歴史がある主力選手たちの離脱に備え、プリチャードをロスターに残す見込みだというから、ロスターのアップグレードにつながらないトレードには応じないだろう。

なお、プリチャードの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数30167
平均出場時間10.715.5
平均得点4.5
(キャリアワースト)
6.5
平均リバウンド1.4
(キャリアワースト)
2.0
平均アシスト0.9
(キャリアワースト)
1.7
平均スティール0.3
(キャリアワースト)
0.4
平均ターンオーバー0.70.7
FG成功率40.6%
(キャリアワースト)
43.1%
3P成功率32.9%
(キャリアワースト)
40.1%
フリースロー成功率66.7%
(キャリアワースト)
88.5%

【スポンサーリンク】

コメントを残す