【スポンサーリンク】

ダービン・ハムHCがアンソニー・デイビスの状態を明かす「何の兆候もない」

ダービン・ハムHCがアンソニー・デイビスの状態を明かす「何の兆候もない」

ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビスはゴールデンステイト・ウォリアーズとのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第5戦の第4Q中にケボン・ルーニーのエルボーをこめかみにもらい、脳震盪の疑いにより途中退場した。

デイビスは痛みと目眩を訴え、平衡感覚を少し失っていたというが、指揮官のダービン・ハムHCは試合後に「彼は良くなってきている」と明かしていた。

それから1日経った現地11日、ハムHCがデイビスの状態を説明した模様。clutchpoints.comが伝えている。

我々は彼と一緒に確認した。

彼はすごく気分が良いようだった。

我々の医療スタッフから素晴らしいアップデートがあった。

彼はプロトコル下に置かれていない。

何の兆候もない。

明日(のステータス)は「プロバブル」とリストされるだろう。

素晴らしい、素晴らしいニュースだった。

彼らは我々のオフェンスとディフェンスにおいて中心選手だ。

我々の成功率を高めるために重要な存在なんだ。

レイカーズは実際にデイビスのステータスを「プロバブル」とした。

脳震盪プロトコル下に置かれた場合は少なくとも24時間は安静にしていなければならないため、レイカーズにとってこの上ない朗報と言えるだろう。

果たしてレイカーズはホームでの第6戦を制し、カンファレンスファイナル進出を決めることができるだろうか?

【スポンサーリンク】

コメントを残す