【スポンサーリンク】

ギルバート・アリーナス チームメイトのバスタブをコーヒー豆で埋めつくす

ギルバート・アリーナス

かつてNBA屈指のスコアラーとして活躍したギルバート・アリーナスは、いたずら好きな選手としても知られている。

NBAでプレイしていた当時、いろんないたずらをしてチームメイトを驚かせ、楽しませていたという。

アリゾナ・ワイルドキャットからロサンゼルス・レイカーズへ移籍し、現在はレイカーズのスタジオアナリストを務めているルーク・ウォルトン氏が当時のいたずらについて話した。

「あいつ(アリーナス)は俺らがどこに行くにしてもいたずらを仕掛けてきたんだ。バスタブをコーヒー豆で一杯にしたりね。鍵穴にコインを突っ込んだりもしてたよ(笑)。あいつは楽しい時間を過ごすのが好きだったんだ」

ウォルトンは、アリーナスと一緒にプレイすることが楽しかったとも話している。

アリーナスとウォルトンが初めて出会ったのは、アリーナスが17歳の頃。
当時のアリーナスについてウォルトンは「狂っていた」と感じたようだ。

昨季は中国リーグでプレイしたアリナースだが、現在でもNBA復帰を狙っているという。

なお、アリーナスの怪奇な言動は“ギルバートロジー”と呼ばれている。

G・アリーナス ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA