シャキール・オニール「シャックツアーを開催してもらいたかった」

【PR】

ロサンゼルス・レイカーズ一筋でプレイし、リーグを牽引してきたコービー・ブライアントの現役生活は間もなく幕を閉じる。

今季はブライアントの“お別れツアー”となり、各地でブライアントの偉業を祝福するセレモニーが開催されてきたが、かつて破壊的なプレイでリーグを支配したシャキール・オニールは、ブライアントに嫉妬しているようだ。

殿堂入りを果たしたばかりのオニールは、お別れツアーについて次のようにコメント。usatoday.comが伝えている。

「俺はすごく嫉妬深いんだ。シャックツアーを開催してもらいたかった。こんなこと言ったことないけどさ」

「知ってると思うけど、俺はボストンに2年いるつもりだった。1年目は怪我してしまったけど、2年目はシーズンを通してシャックツアーを開催する予定だった。俺は本当に嫉妬深い。シャックツアーを開催してもらいたかった。みんなに俺の最後のプレイを見てもらいたかったんだ」

そう話すオニールだが、ファンは間違いなくオニールの強烈なパフォーマンスを忘れたりしないだろう。

ブライアントと共に歴史に名を刻んだオニールには、これからもファンを楽しませてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読